スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロケンロー! 

トイス!

名盤発掘!
今回はGuitar Wolf「JET GENERATION」。

革ジャン着て、皮パン履いて、サングラスかけて。
アンプのつまみをフルにして。
爆音掻き鳴らせば、そこにはロックンロールが。

駆け抜けることハリケーンの如し。
来るは来るはの嵐。
セージさんが吠え。
アンプが叫び。
地響きのような爆音が鼓膜を劈く。

ノイズなんざ気にしない。
音質なんざ気にしない。
爆音さえあれば。
音圧さえあれば。
魂さえあれば。
それだけで良い。

爆音という名の嵐が、脳ミソの中を襲撃して、
全ての邪念を破壊して、通り過ぎていく。
荒らされたというより、
いらないものを吹き飛ばし、綺麗さっぱりとした脳内を思い出させてくれる。

なんの予備知識も、予習もいらない。
ただロックンロールを感じたいなら、
CDをセットして、音量をいつもより大きくして、
ただひたすら爆音に陶酔して、暴れ狂えばいい。
ただそれだけ。

今日のオススメの一曲。
環七フィーバー/Guitar Wolf

スポンサーサイト

艶! 

トイス、トイス、トイス!

名盤発掘!のコーナー。
今回の名盤は、椎名林檎さんの「加爾基 精液 栗ノ花」。

「和」のイメージが色濃く出たこのアルバム。
それまでの二作と大きく違うところは、
バンドサウンドに拘っていないというところ。
更に言えば、アナログ主義なところ。
エレクトリック楽器に加え、ストリングス、民族楽器、琴や三味線。
更には、口笛、口リズムなど。
それらが幾重にも折り重なり、世界を織り成す。
タイトルもさることながら、その音の作りこみには圧倒されます。
それにより、アルバムトータルとしての世界観を醸し出しているというか。
艶っぽさというものが滅茶苦茶出ているんですよね。

そして、多彩な楽曲。
読んで字の如く、色を感じます。
もの凄く混沌とした黒いものもあれば、
汚れの無い純白みたいなものもあるんですが、一曲としてブレは無いんです。
中心となる部分がしっかりとしていて、
どれもそのアルバムの世界をキッチリと支えているという。
だから、どの曲が抜けたりしても、
バラバラと崩れていってしまうといった感じなんです。
それくらいに完成しきっているんです。

ただ、このアルバムから林檎さんに入ろうとすると、多少きついかも。
打ち込みと言うわけではないのですが、構成されている世界観が、
Radioheadの「Kid A」や、Björkの「Homogenic」に近い感じなので、
いきなりだと面食らうということもありえるかなと。
とりあえず、「無罪モラトリアム」や「勝訴ストリップ」を聴いた後に、
このアルバムをジックリと味わうというのがオススメです。
そうすれば、このアルバムの本当の姿が見えてくると思います。
ここまで世界観が滲み出ているアルバムもなかなか無いので是非とも!

ちなみにこのアルバムには、ギタリストとして、
モーサムの百々さんや、事変の浮雲さんが参加しています。

今日のオススメの一曲。
茎/椎名林檎

王国! 

トイス、トイス!

名盤発掘!
今回はThe Rodeo Carburettorの「Kingdom」を。

間違いなく日本のロックを背負う存在になるであろう、
ロデオキャブレターのセカンド。
無理に止めることが出来ないほどの破壊力を持っていたファーストから、
更にメロディという強力な武器に磨きをかけ、
一番の武器の爆音の中に投じる。

三人から吐き出される轟音。
そのの中にある確かなメロディ。
そして骨太でタイトなリズム隊に絡む歪んだギター。
聴くもの全てを飲み込むほどの包容力、そして破壊力。
一発録りのなかの緊張感を楽しんでいるように、
まるでライブをしているかのように、
それら全てを聴くものにぶつけてくる。
そこに妥協は無い。
ロックの衝動というものが確かに存在する。

一曲一曲に込められたテンション。
それがかなりの純度で、濃いものだから、
ひとたび耳にすることがあったなら、忘れることが出来なくなる。
それに美しいメロディが絡むのだから、今再び聴きたくなるという連鎖。
そして何度も何度も繰り返すことによって抜け出せなくなる魅力。

もうこの音の喧嘩は終わりません。
決して逃れることの出来ないロックの魔法。
爆音の中の美しいメロディに酔ってみては。

今日のオススメの一曲。
tonight/The Rodeo Carburettor

キュー! 

トイス、トイス!

名盤発掘!
今回の名盤は、Mr.Childrenの名盤「Q」。

まず、このアルバムについてまず知っておくこと。
それは、ダーツを投げた合計点で曲のテンポを決めていたということ。
そして、コード進行もくじ引きで決めていたということ。
それが真実なのか嘘なのかは当事者にしか分かりませんが、
発売当時のインタビューでそのような発言をしていました。
確かに、それまでのミスチルにはなかったような曲調、
そして曲の展開が多数あります。
それに、ストーンズのようなブルースの香りも随所で香っています。
ラフで、力みがなく、自由なアルバムです。

しかし、それだけでなくミスチルらしい曲ももちろん。
「口笛」や「NOT FOUND」といったシングル曲はもちろん、
「深海」あたりから封印されてきた、
初期を髣髴させる曲もここに来て封印が解かれています。
だから、決して路線をいきなり変えたというのではなく、
今まで走ってきた線路の延長線上であり、
こういったアルバムは必然的だったんだなと思います。
だからこそ、今のミスチルがあるんだと。

その先の読めない作風や、売り上げの低下から、
時折問題作とされることもありますが、
聴き込めば聴き込むほど、その懐の深さに驚かされます。
バラエティ豊かでありながら、名曲ばかり。
「深海」がアルバム全体で一つの物語を形成していた長編小説とするなら、
このアルバムは一つひとつの物語にいくつも謎が隠されたショートショート。
一度読んだだけでは分からないこともたくさんあるけれども、
読めば読むほど謎がある点へと向かっていく。
そんな感じではないでしょうか。

名盤。
是非とも。

今日のオススメの一曲。
CENTER OF UNIVERSE/Mr.Children

スーパーナイス! 

トイス、トイス、トイス!

名盤発掘!
今回の名盤はMO'SOME TONEBENDERの「SUPER NICE」。

発売当初、先行シングルとなる2枚「You are Rock'n' Roll」と「TIGER」が、
ハード且つタイトにロックを掻き鳴らしていたものだから、
てっきりアルバムもそういった路線なのかなと思っていた。
しかし、フタを開けてみればとてつもなく広い世界を有していた。

「TIGER」で地獄の底から這い上がってきたかと思うと、
「We are Lucky Friends」では天国まで突き上げてくれる。
上下左右の二次元、更には奥行きを含む三次元を自由奔放に飛び回る。
とてつもなく振り幅の大きいアルバム。
鋭利でフックの利いたロックンロールから、
優しく儚いアコースティックナンバー、
そして打ち込みダンスチューンまで、
なんでもありの無法地帯。
しかし、そのなんでもありの世界をSUPER NICEという基準を元に、
掻き鳴らしそのロックンロールのあり方を提示したということが、
とてつもなく大きい。
ロックンロールにはルールは無い。
そのルールの無い中で、自分達なりのロックンロールを模索し、自作する。
このアルバムはそういった意味が強いアルバムではないかと。

幅が広がり、自由な作風といえども、
やはり演っている音楽はモーサムそのもの。
勢いあり、ひねりあり、変態あり。
モーサムの音楽性がよく分かるアルバムだと。
特にモーサムを聴いたことがない人にとっても、
その魅力が存分に感じられるんじゃないかと。
最後に一言でこのアルバムを表すとやはり、スーパーナイス!
是非。

今日のオススメの一曲。
We are Lucky Friends/MO'SOME TONEBENDER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。