スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興奮。 

まずはこちらを見てください。

凄い。
なんと言ってもメンツでしょ。
林檎さんがコーラスってのは知ってたけど、
照井さんがベースだなんて。
凄いなあ。
これでBLANKYが復活なんてことも?

しかも「Rebel Rebel」も収録。

嬉しいと凄いって言葉しか出ません。
ホントに楽しみだなあ。

今日のオススメの一曲。
赤いタンバリン/BLANKEY JET CITY

スポンサーサイト

近況報告。 

遂に大会は今週の木曜日から。
遂に来たって感じですね。
それが終わるまではブログの完全復活をお待ちください。

近況報告でもチョコッとしときます。

まあ、ブログは更新できてませんが、音楽はちゃんと聴いてます。
洋楽中心になりつつありますが。
もちろん邦楽もちゃんと聴いてます。
まあ音楽の幅が広がってきたということで。

部活が終わって学校から帰るときは、
時々ですが中古屋でBECK読んでます。
以前このブログのコメントでオススメされたんですが、
確かに面白いですね。
内容もかなりいいんですが、実在のミュージシャンが、
登場人物として出ることがチョコチョコあって、
それがとっても嬉しいというか、興奮するというか。
あとトビラ絵。
有名ジャケットに主要な登場人物が入り込んだパロディ。
これも嬉しいというか楽しいというか。
林檎さんの本能ジャケとかホント嬉しかった。
ということでハマッてます。

こんな感じで。

今日のオススメの一曲。
Purple Haze/Jimi Hendrix

お知らせ。 

6月の初めにある大会まで部活がハードなもんで、
更新できないです。
あと2週間ほどお待ちください。
完全復活できるようがんばりますんで。

潜れ! 

名盤発掘!第四回。
今回は以前に言っていたMr.Childrenの「深海」を。

まずこのアルバムと他のミスチルのアルバムの違いといえば、
すべての曲がまるで一曲のような繋がりを持っていること。
そして、世間一般からのミスチルのイメージというものと
まったく合っていないというところです。

もちろんヒット曲の「名もなき詩」などのポップな曲や、
比較的明るめのバラードなども入っているのですが、
全体としてのイメージは「暗」や「鬱」。
発売当時は、踏み絵とまで言われてました。
しかしそれは、その暗さにドロップアウトした人、
全然聴き込まなかった人だけの意見でしょう。
または、「Tomorrow never knows」や「シーソーゲーム」が、
ヒットしていたもののそれらの曲が入らなかったことに対する、
不満感が先行してしまったためでしょう。
実はミスチル一番の名盤と呼ばれる一枚です。

音の面ではアコースティックなアナログ的な曲が多く、
そして歌詞は「マシンガンをぶっ放せ」を筆頭に、
社会批判となる歌詞が多いというのも特徴のひとつです。
この特徴もミスチルのアルバムでは珍しく、大きな魅力でしょう。

前述したように、まるでアルバム一枚で一曲の様。
特に1曲目の「Dive」~「Mirror」までの流れは圧巻です。
この流れだけでも聴く価値があると思います。
それほど、コンセプトアルバムとしての完成度があるのです。
そして深海というアルバムタイトルだけあって、
落ち着きのある一枚なんです。
最高傑作と言われるだけあって、
とても聴き応えがあり、内容の濃い一枚です。
ミスチルに対してポップすぎるとか、
万人受けバンド位にしか思ってない人に特に聴いてもらいたいです。
そして衝撃を受けて欲しいです。

今日のオススメの一曲。
名もなき詩/Mr.Children

掲示板もよろしく。

手を出すな! 

レイディオ。 

不覚にも昨日(今日)は5時まで起きてた・・・
何でかって言うと提出物の存在を忘れてたから...
しかもその提出物の量が嫌になるほどあって、
何度か「もういいや」って心の中で叫んでたんだけど、
結局5時までかかって完全にやりきりました。

そのときラジオを聴いてたんですけど、とっても選曲が良かった。
聴いてた番組っていうのは、ウォンテッドって番組。
ラジアンのあとにやってる番組です。
まあ、そこで流れた曲がストライクな曲ばっかで嬉しかった。
BLANKYの「PUNKY BAD HIP」とか、JAMの「クラシック」とか、
ガンズの「WELCOME TO THE JUNGLE」etc。

全部CDで聴くことができるけど、ラジオから流れてくるとなんか新鮮。
かつ嬉しい。
あさこさんが言ってたことが完全に理解できた。
実はラジオでBLANKEYを聴くのは初めてだったかも。
ココリコミラクルタイプで「PUNKY BAD HIP」が今使われてるけど、
それより格段に嬉しかった。
やっぱラジオっていいなあ。

今日のオススメの一曲。
Welcome To The Jungle/Guns N' Roses

掲示板もよろしく。

活発。 

Bank Band NEW SINGLE「to U」発売決定!

筑紫哲也のNEWS 23のテーマ曲としてオンエアされている
Bank Band初のオリジナル楽曲「to U」の発売が決定致しました。
そしてカップリングには
終戦六十年スペシャルドラマ 火垂るの墓 -ほたるのはか-の
エンディングテーマに使用され、
期間限定でiTunesのみで聞くことが出来た
オフコースの名曲をカバーした「生まれ来る子供たちのために」を収録!


Bank Band NEW SINGLE「to U」

track 01.to U(Bank Band with Salyu)
 TBS系全国ネット「筑紫哲也のNEWS 23」テーマ曲
track 02.生まれ来る子供たちのために(Bank Band)
 日本テレビ「終戦六十年スペシャルドラマ 火垂るの墓 -ほたるのはか-」エンディングテーマ
track 03.to U [Piano Version](Bank Band)

2006.7.19 release!

らしいです。

なんか一気に桜井さん関係の活動が活発になってきた。
「手を出すな!」「箒星」と続いて「to U」。
しかも、発売日もかなり近いですね。
IUから大分空いただけあって、
いきなりって感じだし、急いでる感じがする。
でもミスチルとしては一枚だし。
BANKとしてはフェスDVD以来のリリースってことで、
ただ単に重なっちゃったってだけかな。
まあ「to U」は今までずっと正式な音源がなかったんで、
正直に嬉しいです。

今日のオススメの一曲。
to U/BANK BAND

掲示板もよろしく。

妻子。 

レミオロメンの最新アルバム「HORIZON」を買ってきました。
んで、今聴いてるわけなんですが、
結構ポップな感じに仕上がってます。
アルバムを通してストリングスやキーボードが使用され綺麗な旋律で、
「粉雪」を初めとするヒット曲も入っているんで、
聴きやすいアルバムだと思います。

今のところこんな感じです。
詳細はもっと深く聴いてからということで。



今日のオススメの一曲。
スタンドバイミー/レミオロメン

掲示板もよろしく。

須加。 

スカパラの魅力に取り付かれてます。
今回の「星降る夜に」を筆頭にいい曲が多いです。
でも、まだインスト曲はあんまり聴いてないです。
まあ歌モノはかなり聴いてるんですがね。
メロディが非常にわかりやすくてポップ。
それなのに演奏で、時に大人しく、時にド派手に変貌する。
それがかなり好印象。

「星降る夜に」も、「カナリヤ鳴く空」も、「美しく燃える森」も、
「銀河と迷走」も、「真夜中は純潔」もかなり好き。
歌モノはそのアーティストも、スカパラも魅力がアップしてる。
10+10じゃなく10×10みたいな感じで、ただ単に足しただけじゃない。
ある種の化学反応みたいな。

そういや、古畑や踊るやルパンのテーマ曲もスカパラ。
メロディアレンジ力やメイク能力はすごい。
日本にはなくてはならないバンドって感じ。

今日のオススメの一曲。
真夜中は純潔/椎名林檎

掲示板もよろしく。

浮動票。 

あんだけプッシュしていたNIRVANAのトリビュートですが、
買ってもいないし、聴いてもいないです。

忘れてたって訳でもないし、聴きたくないって訳でもない。
ただ金が足りないなあって思っちゃって買ってないだけです。
たぶんレンタルになっちゃうかなあ。
そんだけの気持ちだったんかって言われちゃそこまでだけど、
今月は買いたいアルバムがあってさすが二枚はきついなあってこと。

そのアルバムっていうのはレミオロメンの「HORIZON」。
やっぱどんなにポップなってもでストリングスを多様しようとも、
期待はあるわけで、やっぱ楽しみな一枚なんです。

ヒット曲も多数収録で、ノリに乗っている時期なんで、
ヒットは間違いないでしょうけど、
そこでどれだけ聴き手にレミオロメンのなんぞやってやつを、
感じさせることが重要なんだろうなって。
いくら売れても一過性のブームにしてしまえば次に繋がらないし、
固定ファンも納得いかないでしょう。
浮動票的な買い手も固定ファンにするような
アルバムになればいいなと思ってるわけです。

なんだかんだ言ってもやっぱ期待の一枚です。

今日のオススメの一曲。
雨上がり/レミオロメン

掲示板もよろしく。

Mr.MY SELF 

5月になってから、ミスチルのアルバムを聴き返してます。
ライブDVDやシングル(そういや発売日が決定しました)なんかが発売し、
活動が活発になってきたから予習復習みたいな感じです。
特に桜井さんはコラボシングルも出しますからね。

それで、アルバムを聴いててやっぱ好きだなって実感。
どのアルバムもそれぞれ違った味があって、
聴き比べるのが楽しいです。
それにミスチルといえばポップで聴きやすいんで、
なんか疲れなくて自然と耳に馴染むんですよね。

ということで今度の名盤発掘!はミスチルのアルバムにします。
有力候補が、深海、Qの二つかな。
もしかしたら、違うアルバムって可能性もあるけど。

何はともあれ、今後のミスチルの活動に期待。

今日のオススメの一曲。
Mirror/Mr.Children

掲示板もよろしく。

ワクワク。 

「星降る夜に」を買ってきました。
東京スカパラダイスオーケストラの歌モノですね。
ヴォーカルはご存知甲本ヒロトさん。

やっぱ初聴で感じたワクワク感がたまんないです。
てかいつも以上に優しく歌う甲本さんがまぶしすぎます。
アウトロ部分で甲本さんがフフッて笑うんですけど、
そこに象徴されるようにホントに優しい歌なんですよ。
元気になれる歌だなって。

んで何回もリピートして聴いてます。
そこで気が付いたのは音ログは連続して同じ曲を流していても、
一回聴いたって事にしかならないってこと。
まあどうでもいい些細なことなんですけど。
ということで音ログ以上には聴いてます。

今日のオススメの一曲。
星降る夜に/東京スカパラダイスオーケストラ

掲示板もよろしく。



のーみゅーじっく・のーらいふ。 

明日からテスト一週間前。
GWは部活漬けで、勉強はあまり出来てないんで、
ここが踏ん張りどころかな。

話は変わりまして、最近は音楽を結構聴けてます。
素直に嬉しい。
てか音楽がたくさん聴けると、明日もがんばろう的な余裕が出てくる。
聴けない=余裕が無いって事に繋がるんだろうけど。
まあ今現在の自分の活気の8割がたぶん音楽なんだと思う。
ただの憶測に過ぎないけど。

ELLEGARDENの細美さんの日記で、
「楽しくてしょうがなかった音楽が
辛くてしょうがなくなるときがお前にもやってくるよ」
って以前に言われたってことが書かれていた。
もちろん細美さんはまだ全然楽しめてると快く答えていた。

自分にとってもこの時期がやってくるかもしんないし、
来ないかもしれない。
確かに言えることは、今は音楽が楽しくてしょうがないって事。
まだ当分は、このまま音楽好きでいられそう。

今日のオススメの一曲。
Red Hot/ELLEGARDEN

掲示板もよろしく。

響け! 

名盤発掘!第三回。
今回の名盤はMO'SOME TONEBENDERの「echo」。

このアルバムはMO'SOMEらしさが一番出ているアルバムでしょう。
らしさというのは、
変態的音楽性+轟音+ライブ感といった感じなんですが、
これらをすべて満たしているアルバムでしょう。
特にライブ感という観点から注目してみると、
MO'SOMEのアルバム中一番と言えるでしょう。
ライブ音源が半分を占めるミニアルバムなわけなんですけどね。
まあそこを抜きにしても充分余りある緊張感は流石です。

イントロとなる一曲目の「DAWN ROCK」からして、
鋭いギター、鬼気迫るヴォーカル、
そして地響きのようなベースとドラムのグルーヴ。
痺れるほどの重さとカッコ良さが脳に直接流れ込んできます。
中盤に位置する表題曲「echo」では、
音は重厚かつヘヴィーながらも優しく歌い上げ、
感動的なバラードに。
そして後半に位置する「PARADE」。
おどろおどろしくかつ淡々と進み、
時折吹っ切れたように轟音が鳴り出す。
MO'SOMEならではの構成に圧巻です。
ライブテイクの「壊れてるよ」や、「パルス玉」などは、
ライブの空気感をそのまま詰め込んだようで、
演奏している3人が目に浮かびます。

全曲通して決して音は良くないんですが、
そのことによってライブ感が増しているんですよね。
本人たちもライブを意識したということだけあって、
ホントにテンションの高さが伺えます。
それにミニアルバムということもあってか結構短いんです。
だから中だるみなんてものは無いんです。

MO'SOME好きだけどまだ聴いたことの無い人や、
NIRVANAなんかが好きな人には、かなりオススメの一枚です。

とは言ってみるもののいきなりこのアルバムから
MO'SOMEを聴こうって思うと、多少聴き辛いかもしれないです。
ダークかつヘヴィー。
だから面食らうって事もありえると思います。
そんな人は「Rockin'Luuula」なんかがオススメです。
これはMO'SOMEの中で一番聴きやすく、取っ付きやすいのに、
魅力がわかってしまうという一枚です。

併せてオススメします。

今日のオススメの一曲。
DAWN ROCK/MO'SOME TONEBENDER

掲示板もよろしく。

忙しい中にも音楽あり。 

音ログを見てもらうとすぐに分かっちゃう事なんですが、
最近、MO'SOMEとZEPPELINばっか聴いてます。
なんか両方今まで以上に来てます。
MO'SOMEは色んなトリビュートへの参加、
nano-mugenへの参加、
そしてDVDの発売なんかで最近注目されているようで。
結構気になっている方が多いみたいですね。
特にこのブログを観に来てくださる方に受けが良くて嬉しいです。
ということで、
このブログを読んでいる人全員MO'SOMEというバンドがオススメですよ。
ZEPPELINはもう言うことも無いほど超有名最強バンド。
もっと前から聴き込んでおけば良かったと思いつつも、
すごさを実感中。

今日はこんな感じで。

今日のオススメの一曲。
Happy Icecream/MO'SOME TONEBENDER

掲示板もよろしく。

生き続ける! 

更新できる時に更新していこうって事で、
実は今日は部活が休みなんです。
ということで、名盤発掘!のコーナーを。

今回は、BUMP OF CHICKENの「THE LIVING DEAD」を。
このアルバムの特徴は、
なんと言っても物語りになっているところでしょう。
一曲一曲が物語になっているというのもそうなんですが、
アルバム全体としても物語になっているんです。

初めからから最後の曲まで通して聴くと、
ちゃんとひとつにまとまるんです。
それは何故かって言うと、
一つ一つの曲はひとつの物語として完結するわけですが、
最初の曲では、
泣いている人に「いくつかの物語をあげよう。」と語りかけ、
最後の曲では、
「君には仲間がいる。物語の中の住人たちだ。
さあ、これからどうする?」と語りかけてきます。
とこんな感じで聴いている自分が泣いている人で、
BUMPが励ましてくれている物語だということです。

一つ一つの物語もとても練られていて、
ファンの中でも人気が高く、物語的な曲の中でも完成度の高い「K」や、
切ない別れの中にも、強さが見えてくる「リリィ」や、
ひたすら駆け抜けろと訴える「グロリアスレボリューション」、
葛藤にもがき続ける様を描いた「ベストピクチャー」など
一貫して励ましてくれる歌詞が元気にさせてくれます。

そしてその歌詞が疾走感のあるメロディや、
耳障りのいいメロディに乗りとても気持ちいいんです。

てことで、落ち込んだり、悩んでいたりする人に
是非聴いてもらいたい一枚です。
インディーズ盤なんですが、BUMPの良さが詰まっているので、
BUMPをこれで聴き始めるというのも良いかも知れません。

ということで名盤発掘!のコーナーでした。

今日のオススメの一曲。
K/BUMP OF CHICKEN

掲示板もよろしく。

本当にごめんなさい。 

もうお分かりの通りしばらく更新のペースが著しく低下してます。
遅くて6月の部活での大会が終わるまで、
こんなもんになるかもしれません。
あと、GW中はもっと酷い事になると思います。
忙しすぎる...

更新できなくてごめんなさい。

今日のオススメの一曲。
青空/THE BLUE HEARTS

掲示板もよろしく。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。