スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのチュウ。 

はじめてのチュウ。
もちろんキテレツ大百科のあの曲。
哀愁漂うラブソングで、メロディも素晴しい。
そして、独特のあの可愛い声は、メロディの切なさと相まって、
更にメロウなものになっています。
実は、あの声を出すのには様々な工夫と苦労があるとか。
詳しくはこちらで。

そして、この曲は多くのミュージシャンによって、
カバーされていることでも知られていますね。
特にハイスタのカバーは、ファンならずとも知っている人気曲。
この切ないメロディと、パンキッシュな演奏、
そしてハイスタのカバーセンスが合わさって、
想像以上のパワーを持つことになったんですね。
たぶんハイスタの曲ではこれが一番の有名曲となるんじゃないでしょうか。
それほど、多くの支持を得る名曲ということです。

最近では、ガガガSPがカバーしてCMにも使われていました。

今日のオススメの一曲。
My First Kiss/Hi-STANDARD

スポンサーサイト

くるりからくるりへ。 

ギタリスト大村達身さんがくるりから脱退。
岸田さんが言うには、
大きく言うと音楽的相違による目的意識の違いが原因とのこと。

メンバーの脱退というものは、やっぱ慣れない。
バンドがバンドである以上、
正規メンバーというものは無くてはならない存在だし、
その人がいなくなるということは、
その人が今まで支えていた部分がスッポリと消えてしまうということ。
決して慣れられないし慣れたくない通過儀礼。
これが完全になくなるとなるということは、嘘偽りだし、
バンドの成長には欠かせない。
メンバーが話し合って決めたのなら仕方が無い。

これからは、サポメンの菊地悠也さんと共に活動をするようです。
くるりは、最初の3ピースという形態に戻り、再出発を決めた。

今日のオススメの一曲。
青い空/くるり

何故。 

そろそろ「平成風俗」と「SUPER NICE」から離れられそうです。
いやいや、まだまだ聴き足りませんが。
そいで、Gyogun Rend'sを聴いています。

ギョガンの「King Rec Sessions」。
このアルバムなんですが、荒々しさと衝動が合わさって、
かなりカッコ良い感じなんです。
ギターウルフMeetsミッシェルみたいな感じで。
まあ簡単に言えば爆走ガレージロックなんですが。

実はこのCD、以前中古で安かったので買ったんですが、
なかなか聴くに至らなかったんです。
これといった理由は無く、なぜか聴かなかった。
なんでなんでしょうかね。

でも、聴き始めるともろ好みな感じ。
黒っぽい感じとパンクのビート。
体が勝手に揺れるリフの応酬。
なんと言っても、ゴリゴリとした質感がたまらないです。
そして、PATCHさんの声もガレージにあった声質で、
更にガレージらしさが滲み出てるかな。

全く、なんで今まで聴かなかったのかなあ。
まあ、とりあえず滅茶苦茶カッコイイのだけは確かです。
やはりレディキャロは必聴かな。

今日のオススメの一曲。
Jump On You!!/Gyogun Rend's

今宵の音楽。 

今日の9時からフジテレビ系列で、
映画「スウィング・ガールズ」が放映されます。

ドラマ「のだめカンタービレ」でも好演をなされた上野樹里さんの出世作。
そして、「のだめ」と同じく音楽の素晴しさを表現した映画です。
コミカルに、そして青臭いながらも、音楽に対する情熱を深めていき、
音楽に対する愛が芽生え始める。
その感動を味わってもらえるはずです。
演奏はもちろん役者本人によるもの。
特に最後のコンサートの部分は、音楽の力を実感できるかと。

音楽が好きな人も、好きでない方も是非是非ご覧になってください。
そして、音楽の素晴しさを分かち合いましょう。

今日のオススメの一曲。
SING SING SING/SWING GIRLS AND A BOY

星降る夜に。 

ここのところ買うCD、買うCDほとんどが個人的大当たり。
ロザリオスに、吉井さんに、林檎さんに、モーサム。
まだまだ聴き足りないし、まだまだ聴き込まないと。
ということで、アルバムのレビュー諸々はまだまだ先になりそうです。

まあアルバムの話からは離れて、素晴しいライブ映像を。

東京スカパラダイスオーケストラwithヒロトさん。

スカパラ特有の、跳ねるメロディとリズム。
それに応え、滅茶苦茶楽しそうに跳びはねながら唄うヒロトさん。
この愉快なコラボレーションは、星降る夜のように美しく儚い。
一瞬の輝きと共に消え去る星は、それまでの仕事を終える。
切なくもあり、当たり前でもある。
この曲は、ハイロウズが休止になり、
独り身となったヒロトさん自身と重って見えた。
しかし、クロマニヨンズのように新たに生まれる星もあるわけで。

やはりずっと大好きな一曲です。

今日のオススメの一曲。
星降る夜に/東京スカパラダイスオーケストラ

怒涛。 

依然として「平成風俗」と「SUPER NICE」を交互に繰り返し聴いています。
ですので、他の音楽には全く耳を傾けていない状態です。

しかし、ここでひとつのニュースを。
ベンジーのニューシングルが発売決定。
そして同時発売でライブDVDが発売。
特にこのDVDの初回限定盤には、ボーナス映像の他に、
Tシャツ+ピックまで付いてくるとのこと。
そして、ベンジーの画集「Jet Milk Hill」の出版も。
それを記念して個展も開催されるとのこと。
ちなみに入場料は無料とのことで、興味のある方は是非。

とここまでは、以前からの情報。

そして、そのシングルの詳細が判明。

シングル「FIXER」
2007/4/4発売
収録曲
1 FIXER
2 Pink Soda Days
3 Homesick Baby Blues
とのこと。
例のごとく、初回盤は紙ジャケです。

怒涛のような発表に次ぐ発表。
ドンドンと、活発になっていくベンジー。
思い立ったらすぐ行動という感じがいかにもベンジーらしい。
どれも楽しみなものばかりです。

今日のオススメの一曲。
We are Lucky Friends/MO'SOME TONEBENDER

W購入+α。 

椎名林檎×斉藤ネコ 「平成風俗」
MO'SOME TONEBENDER 「SUPER NICE」

どちらも凄い傑作。

「平成風俗」はまさに、林檎さんの集大成。
もちろんオーケストラによる演奏は迫力があり、
林檎さんの様々な歌唱にここぞという感じで応える。
「無罪」や「勝訴」の頃のパンキッシュな初期衝動は無いものの、
ジャジーで、大人な雰囲気はまさに今だからこそ。
雑誌などで「カルキ」と比べられることが多いのですが、
それと比べて、アレンジがオケ中心ということで、
音や、アレンジは近いものがあれど、
全体的にメロディはポップなので、初心者の方でも聴き易いと思います。
ほとんどが既存の曲で、構築されたアルバムですが、
ライブを経験していないのであれば、新鮮に聴こえると思います。
というより、それらの曲の新たな魅力が発見できるよな気がします。
アルバム全体としても、寄せ集めというわけではなく、
ちゃんと一枚の作品としても聴き込める一枚だと思います。

そして、モーサムの「SUPER NICE」。
これは、凄い。
今まで以上に振り幅が広い。
そして思っていたよりも、ポップでキャッチャーな曲が多い。
それでいて、シングル「You are Rock’n Roll」や、「TIGER」が象徴するように、
鋭利で、フックの利いたロックナンバーも共存している。
轟音ロック、アコースティックナンバー、打ち込みダンスチューン。
前作「Rockin'Luuula」がモーサム流王道ロックンロールアルバムとするなら、
近作は、何でもありの無法地帯アルバム。
周囲至る所からドスドスと殴りかかられながらも、
同時に安らぎと癒しを与えてくれる。
なんなんだこれはって感じ。
いや、スーパーナイスなんだと。

とりあえず今のところは、こんな感じです。
また一枚一枚詳しいレビューもすると思います。
聴き込めば、更に深いところが見えてくるかと。

ただひとつ言い切れることは、どちらも名盤だと。
是が非でも、お聴きあれ。

今日のオススメの一曲。
ギャンブル/椎名林檎×斉藤ネコ

早く、早く。 

遂に明日(というより今日)は、
林檎さんの「平成風俗」とモーサムの「SUPER NICE」の発売日。

どちらもかなりの期待度。
4年ぶりのソロ作である「平成風俗」と、
結成10周年目における名盤「SUPER NICE」。
どちらもターニングポイント、そして重要作になることは間違いないのでは。

どちらも、これまでの活動を総括したように、
今までの音楽性を昇華したものになるんじゃないかと。

待ち遠しすぎて、ブログをほったらかし気味。
早く、早く聴きたい。
聴けたらすぐ感想を書きたいと思います。

今日のオススメの一曲。
正しい街/椎名林檎

ブラックホールで。 

レンタル屋さんに行って来ました。
と言ってもレンタルはせず、レンタル落ちのCDを物色。

するとYOSHII LOVINSON 「at the BLACK HOLE」を発見(なんと100円!!)し、
もちろんすぐさま購入。

まだまだ聴き込めていないけれどこのアルバム、深い。
イエローモンキーが解散寸前で活動休止中だけあって、
なんだか悩みだとか、痛さだとかが感じられます。
そして全体的に暗く、重い曲が多い。
でも、その中にも「CALIFORNIAN RIDER」みたいなロックスター然とした、
吉井さんの姿も見え隠れする。
内面は、重かったり、暗かったりしていても、
やはり、グラマラスで、どこかにロックスターの部分がある。
それは、隠そうにも隠せない。

そして、歌詞は非常に興味深い。
言葉遊びの応酬。
意味より語呂。
メロディとリズムが合わさって、独特の爽快感がある。
聴いていて気持ちが良い。
センスありすぎです、吉井さん。

非常に聴き応えがあって、奥の深いアルバムみたいです。
まさにブラックホール。
入り込むと、もう抜け出せない。
まさに、そんなアルバムです。

P1000012.jpg



今日のオススメの一曲。
CALIFORNIAN RIDER/YOSHII LOVINSON

燃える脈! 

トイスッ!

名盤発掘!のコーナー。
今回は、BUMP OF CHICKENの「FLAME VEIN」を。

バンプの1stアルバム。
リリース当時のメンバーの年齢は19歳。
まだまだ演奏は荒削りで、ライブ盤のよう。
しかしそれを補って尚余りある、メロディセンスと、詞の力。
そして、若さ故の勢いが感じられる。
収録曲全てに、青臭さがありつつも、
物語性に富み、純粋で真っ直ぐな言葉の応酬。
それが、藤原さんの温かい声と凄くマッチしていて、
この時点で、既にバンプの王道パターンが確立されている。

生きることを猫に例え力強く唄った初期の名曲「ガラスのブルース」も、
後にシングルカットされる、「天体観測」にも繋がる疾走曲「アルエ」も、
切ないメロディが歌詞をより際立たせる「くだらない唄」と「とっておきの唄」も、
全てが至極のメロディ、捨て曲なんて存在しない。
そして若いエネルギッシュさが存分に活かされ、
どの曲にも生きた力を感じる。
そして、現在以上にストレートで勢いあるメロディは、
この後の活躍を想像させる。
まさにダイヤモンドの原石のようなアルバム。

今や、絶大な人気を誇るバンプ。
ここまで自分達のペースを貫き、ゆったりと活動をしながらも、
ここまでの人気を得たのは、楽曲の力故なのではないでしょうか。
バンプに興味があってまだ聴けていない人は是非。

実を言うと「FLAME VEIN」はすでに廃盤なのですが、
「FLAME VEIN +1」という更に一曲入ったものが出ています。
ということでそちらをどうぞ。

今日のオススメの一曲。
ガラスのブルース/BUMP OF CHICKEN

達也さん。 

踊り、唄うタイコ。
今尚新たなロックンロールを捜し求め、
精力的に様々なセッションを繰り返す達也さん。
今更そのドラムの美しさに気が付く。
古くは、原爆オナニーズ、スターリン。
そしてブランキー、ロザリオス。
最近では、フリクション、エンティティ・オブ・ルード(仮)。
バラエティ豊かで魅力的な面子と素敵な音楽を生み出している。
決して後ろへ引っ込むことの無い、主張するドラム。
自由で、独創的で、自由自在。

もう滅茶苦茶カッコイイ。

今日のオススメの一曲。
Hit Man/Losalios

ロッキンルーラ! 

トイス!

名盤発掘!
今回はこのコーナーでオススメだと言っておきながらも、
詳しい紹介ができていなかったMO'SOME TONBENDERの「Rockin'Luuula」。
そして、来週ニューアルバム「SUPER NICE」をリリースするモーサム。
その予習という意味でもこのアルバムを。

このアルバムはタイトルの通りロックンロールなアルバム。
しかしながら、とてもレンジが広く、
ストレートなロックもあれば、
メロウで美しい曲もあり、
更には、変態的なほどはじけたサイケデリックな曲も。
まさに、今までのモーサムの集大成。

一曲一曲が非常に色鮮やかで、魅力的。
特に、表題曲の「ロッキンルーラ」は、
ソリッドなリフと、これでもかというほど高いテンションに圧倒される。
一発の殺傷力が非常に強く、このアルバムの核となるパワーを充分に感じる。
そして、もう一曲「ペチカ」。
日常世界における、様々なシチュエーション。
全ては繋がっていて、全てはひとつに収束する。
非常に温かく、繊細。
後半における、徐々に盛り上がる様はまさに名曲の香り。

色々なタイプの曲が、ひとつの方向に向かって一点で交わる。
今まで開拓してきた道のひとつひとつを、
ロックンロールという一点に照準を合わせる。
一見するとバラバラな感じがするものの、
見据えているものは全てに共通するロックンロール。

モーサムを聴くならまずこのアルバムから。

今日のオススメの一曲。
ペチカ/MO'SOME TONEBENDER

最高のタイコ叩き。 

P1000010.jpg


Losaliosの「Colorado Shit Dog」を購入。

正直、インストということで期待半分、不安半分といった感じだった。
果たして、言葉の無い音のみの世界が自分にどう伝わるのか。
果たして、達也さんのドラムは生きているのかと。

しかしCDを回した瞬間、そんなどうでもいい感情は消え去った。
ひたすらカッコイイ。
ひたすら攻めてくる。
これでもかと攻撃的。
唄が入っていないとか関係ない。
完全にタイコは唄っている。
ひとつひとつの音が言葉を紡ぎ出すごとく、唄っている。
パンキッシュで、
ジャジーで、
ロックンロールで。
圧倒的な迫力と、繊細且つ大胆な音の絡み合い。
これぞまさしく、期待していた通りの音。

スーパーパンクジャズロックンロールバンド、ロザリオス。
この形容は決して大げさなものではない。
最高のロックンロール。

今日のオススメの一曲。
Coganemushi/Losalios

P1000009.jpg

カートはティーンスピリットの香りがする。 

カートの乾いた声、ノイジーな楽器隊、シンプルなリフ、
強弱のある展開、サビの爆発感、グランジの衝撃。
全ての要素が時代に必要とされるものに合致し、
瞬く間に世界の頂点にまで上り詰めた。
決してカート本人の意思が伝わったとは言い切れず、
寧ろ曲がって伝わっていた。
本人も、この曲を否定することまであった。
しかし、本人達が納得がいかなくとも、
ロックの名曲であることには変わらない。
特に、それまでの音楽を変革し、支えたという点で、必要不可欠であった。
リアルで、ハードで、ポップで、ロックな名曲中の名曲。

今日のオススメの一曲。
Smells Like Teen Spirit/NIRVANA

天国への階段! 

トイス!

名盤発掘!のコーナー。
今回の名盤は、ロックを聴く上で一度は通るであろう、
Led Zeppelinの「Led Zeppelin IV」。
と言っても、このアルバムのタイトルは実は無題。
ですから、便宜上この仮称を使わせてもらいます。

このアルバムはなんと言っても、「Stairway To Heaven」、
「天国への階段」なわけです。
やはり、ロック史上最高のアンセムと言われるだけあって、
実に叙情的で、神秘的で、緊張感張り詰める
まさにツェッペリンの集大成のような曲になっています。
イントロのアルペジオから名曲の風格。
まるで森の中にいるかのように神聖で、清らか。
そして、淡々と進みながらも着々と天国への階段を昇るがごとく、
テンポと楽器の音が大きく、そして力強く変わっていく。
特に、後半の盛り上がりは鳥肌モノ。
天に昇り詰め光が差し込むように眩しく、それでいて天に召される、
すなわち命というものが消える瞬間の美しさを表しているように思えます。
聴けば聴くほど深さが増し、魅力に取り付かれてゆく。
このアルバムのハイライトとして納得の素晴しさ。

とは言っても、この曲だけで終わらないのがツェッペリンの凄さ。
ジミー・ペイジ特有のリフが炸裂するロックンロール「Black Dog」も、
豪快で、爽快で、重厚なロックンロール「Rock & Roll」も、
究極のドラムサウンドと賞される「When The Levee Breaks」も、
それまでのアルバムの総決算的
ハードロックとアコースティックの融合であり、
どこを見回しても、最高としか言いようの無いナンバーばかり。

どうしても「天国への階段」に目(耳)が行きがちですが、
全曲名曲の素晴しき名盤です。
ロックを聴く上ではやはり外すことが出来ないアルバムですので、
レビューどうこうよりも、聴いてみることが重要かと。
まだ聴いてことの無い方は是非。

今日のオススメの一曲。
Stairway To Heaven/Led Zeppelin

胸にシンボルP! 

トイス、トイス、トイスッ!

名盤発掘!のコーナー。
今回は、POLYSICSの「Now is the time!」。

このアルバムは、まさにノイ!(素晴しいという意味)な一枚ですが、
テンションを上げるのには持って来いの一枚。
フロントマン、ハヤシさんのキャラクターのように、熱くそれでいて楽しい。
テクノやら、ロックやら、ニューウェーブやら、
様々なジャンルが混沌と渦巻く中、
いっその事良いもの全部混ぜちまえってな感じで生まれてきたという感じ。
様々なものが混ざり合っていても中身は澄み切っていて、
滅茶苦茶なほどポップ。

自分達が良いと思えるものなら、どんな手法を使ってでも作り上げる。
そんな意気込みがヒシヒシと伝わってくる。
特に、曲によってメインヴォーカルを変えるというのは、
その象徴ではないかなと。
そのおかげで、突き抜けるほどポジティブでポップな曲を、
ドンドン生み出せるんだと。
メロディが完全に「クラリネットをこわしちゃった」の「Baby Bias」も、
パンキッシュにきめた「Coelakanth Is Android」も、
PVの小学生の不思議な踊りが話題になった「I My Me Mine」も、
全て、ポップで、楽しいものを作ろうということでできたんであろうし、
現に最高にポップで最高にカッコイイものへと昇華させている。

とにかくテンションを上げたい時にはこれをお聴きください。
そしてつべこべ言わず、是非その耳で確かめてください。
ポップを貫くということは、最高にロックだということを、
そして、最高に楽しいということを。

今日のオススメの一曲。
Baby Bias/PLYSICS

CMC。 

初めて聴いた「C.M.C.」。
想像していた以上に、ビートが利いていて爽やか。
しかしながら、歌詞は凄い。
そしてイントロの感じや、ギターサウンドからはどこと無くサイケな香りが。
深い。
でも、これはかなり気持ちの良い疾走感。
骨太なルースターズはもちろんいいけれども、
このような腰が勝手に動くような曲もいいなと。

とにかく、ルースターズに関してはまだまだ。
日本のロックンロールシーンにおいて重要な意味を持つバンド。
このバンドが無ければ、ミッシェルも無かっただろうと。
もっと聴かなくては。

今日のオススメの一曲。
C.M.C./The Roosters

更に。 

椎名林檎さんの「平成風俗」の発売日が着々と近付いて来ていますが、
新たにリリースされるものが追加されました。

「平成風俗 大吟醸」

今度は、DVD VIDEO。
CDを超える音質のトラックと共に、
PVを初めとする映像作品が収録されるようです。
これには「カリソメ乙女 DEATH JAZZ ver.」も初収録。

これに先駆け、
公式HPでアルバムの収録曲の内、数曲が視聴できるようになっています。
特に新たにアレンジされた曲は必聴。
「ギャンブル」や「錯乱」更には、「カリソメ乙女」と、
かなりお洒落な感じに仕上がっています。
そして、「カリソメ乙女」はこれで3曲目。
シングルのカップリングに収録されたインストに続き、
今回は英詩。
そして「闇に降る雨」張りにストリングスがフューチャーされています。
やはりここらへんはネコさんの色が強く出ていますね。

ということで、アルバム発売が着々と近づいて来ています。
なかなか壮大なものになりそうですね。

今日のオススメの一曲。
カリソメ乙女 DEATH JAZZ ver./椎名林檎×SOIL&”PIMP”SESSIONS

追記。
今ちょうどSSTVを観たら、
「第一回林檎班大会の模様」の「パパイヤマンゴー」がっ。
オーケストラが壮大で、かなりお洒落な感じでした。
次のアルバムのイメージはこういう感じのものなのかなと。

映像が観たいと言う方は続きのほうを。

続きを読む

20世紀少年。 

ひとたびリフが鳴り響けば、そこはもうライブ会場。
ヘヴィーで切れの良いリフに興奮し、心躍らす。
リフで惹き付ける曲は数あれど、ここまで有名かつキャッチャーで、
カッコイイものは稀有。
ローリング・ストーンズが、「Satisfaction」を掻き鳴らせば、
新曲のような興奮と感動があるように、
このリフにも魔物が隠れ潜む。

単純、明快、そして爽快。
簡単そうで、難しい。
ここまで人を惹き付けるこのワンフレーズでマークボランに恋をする。

20th Century Boy/T.Rex

天国へのカウントダウン! 

トイスッ!!

名盤発掘!のコーナー。
今回はThee Michelle Gun Elephantの「SABRINA NO HEAVEN」。

「SABRINA HEAVEN」と同時期に作られていた最後の作品集。
最期が近いということが分かっていたかのごとく、
美しく、そして駆け抜けるようにロックンロールを掻き鳴らす。

収録曲はたった6曲。
しかし、その6曲に詰まった今までの思いと魂は未だに色褪せない。
「チェルシー」や「水色の水」の後期の総決算的なロックも、
「ミッドナイト・クラクション・ベイビー」と、
「デッドマンズ・ギャラクシーデイズ」の滅茶苦茶なテンションも、
「PINK」の限りない疾走感も、
「夜が終わる」の静けさのなかに混在する壮大な世界観も。
全てが、最期だからという大義名分によって吐き出されたロック。
だから、今まで以上に弾けていて、今まで以上にド真ん中を突き進んでいる。
そこには、濁りも曇りも無い純粋な音と言葉がこだまする。

この頃、Mステで例のロシアンレディースがドタキャンして、
空いた時間を埋めたのが、何を隠そうミッシェル。
そして、このアルバムに収録されている曲達なわけです。
そしてその最高にイカしたシチュエーションに、
最高のパフォーマンスで答えたミッシェル。

そんな勢いと中に哀愁と終幕のにおいが見え隠れする。
最後の最後まで美学を貫いたミッシェルというバンドの最後の大爆発。
そして、長い夜に終わりが来る。

今日のオススメの一曲。
デッドマンズ・ギャラクシーデイズ/Thee Michelle Gun Elephant

荒れ狂う、狂気。 



SSTVでは幾度と目にしたこのPV。
やっとYOUTUBEでも観られるようになりました。

待ってましたのこの一曲。
最高にカッコ良くて、最高に破滅的。
メンバーそれぞれのシャウトと、暴れ狂う楽器。
まさにモーサム的なヒネクレ具合。
やはりキーワードは「ナニガデキルカナ」ですね。
これがアルバム先行ですか。
まさにロッキンルーラな出し方。

後はアルバム「Super Nice」を虎視眈々と待つのみ。
今まで以上にハードでタイトなアルバムとなることは間違いないですね。

今日のオススメの一曲。
TIGER/MO'SOME TONEBENDER

ポップな生活! 

名盤発掘!のコーナー。
今回はJUDY AND MARYの「POP LIFE」を。

このアルバムは、そのアルバムタイトルの通り、ポップでキュート。
しかし、それ以上に不思議で、テクニカル。
初期のパンキッシュなサウンドは、
テクニカルでファンキーなものへとシフトし、
楽器各々がは飛び跳ねる様に鳴り響くようになっています。

特に「ミュージックファイター」は、躊躇にその路線が表れていて、
アルバムの初っ端から過激に始まる。
そのテンションの振り幅はかなり激しく、それまでには無かった曲調。
ポップではなく、まさしくロック。
ノスタルジーなメロと爆発感ある乱れ技との切り替えが非常にカッコイイ。
しかし、そんなことをやっていてもやはりジュディマリ。
十八番ともいえる「散歩道」や「BATHROOM」など、
ポップな曲ももちろん名曲尽くし。
特に「散歩道」は後期の代表曲であり、メロディの素晴しさは出色。

ほとんどがTAKUYAさん作曲。
メロディはポップながらも、後ろからものすごく主張してくる踊るギター。
まさにTAKUYAさんの音楽性がこれでもかというくらい爆発したアルバム。
でも、恩田さん、五十嵐さんの音楽も捨てられない。
この二人作曲はそれぞれ一曲。
しかし、その二曲がものすごく良い。
決して作曲バランスが良いとは言い切れない。
しかし、ジュディマリの音楽性を語る上では外せない曲の応酬。
どの曲も、斬新で、
取っ付きやすいメロディと、ポップなキュートさを持っている。
メンバーそれぞれの個性がもたらした4人の化学反応。
まさに、ジュディマリの「Revolver」。

今日のオススメの一曲。
散歩道/JUDY AND MARY

悪い人たち。 

BLANKEY JET CITYはロックンロールの激さと共に、
人間の柔らかい部分を抉るような詩的な世界観を持っていた。
滅茶苦茶切れ味鋭いナイフを持った少年。
特にベンジーの歌詞はそれそのもの。

「悪い人たち」の映像を見つけてしまって、
またまたブランキーの凄みを実感してしまった。
ブランキーとオーケストラとの融合。
ただでさえ繊細で力強い一曲なのに、
一段と美しく、歌詞の生々しさが更に強調される。

NHKホール。
決してロックバンドに向いた会場とは言えないかもしれないけど、
それならそれで、そこの空気に合わせたパフォーマンスをすればいいと。
それが、完璧な形になったものがこのときの「悪い人たち」じゃないかな。


今日のオススメの一曲。
悪い人たち/BLANKEY JET CITY



そしてPV。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。